2013年04月25日

夢の技術

夢の技術で、再生医療に弾みが付きそうですね・・・

特にこの2つが凄いと思いました。

この東大が4月発表した「細胞のヒモ」技術と、

iPS細胞技術を組み合わし、

必要に応じorganovo社の3Dプリンターによるレプリカも使えば、

夢の治療が可能になるのでは?

◆ 3Dプリンターを使うのは凄いアイデアですね。iPS細胞で3Dプリント出来ると凄いですね!


肝臓の3Dプリントが成功、人体への移植を目指す。
http://www.gizmodo.jp/2013/04/3d_68.html 

米国Organovo社
http://www.organovo.com/ 


◆細胞でひも作製=神経や筋肉の機能確認−東大
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201304/2013040100730&g=soc 

東大とJST、立体細胞組織構築の材料となる細胞ファイバーを開発
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=334146&lindID=5 

posted by 医師スカウトのカルテ at 14:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MD・再生医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

期待の再生医療:自己培養軟骨が保険適用!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


素晴らしい物が保険適用になりました。

もしかしたら、ぼくの膝痛もお世話になるかもしれません。


自家培養軟骨ジャックレジスタードマーク:保険収載のお知らせ

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
http://www.jpte.co.jp/index.html 



【保険適用の概要】


販売名 : ジャック


保険償還価格 : 2,080,000円(使用した個数に係わらない)


決定区分:C2(新機能、新技術)
(新たな機能区分が必要で、それを用いる技術が評価されていないもの)


主な使用目的:

本品は、患者から採取した健常な軟骨組織より分離した軟骨細胞を培養し、患者自身に移植する自家培養軟骨である。

軟骨細胞を含むアテロコラーゲンゲルを欠損部に移植することにより、臨床症状を改善する。

適応疾患は、膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎である。


http://www.jpte.co.jp/ir/library/JACC_20130313.pdf
  


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

posted by 医師スカウトのカルテ at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MD・再生医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド