さらに酷い事故が再発しませんように・・・

国家の威信をかけて整備している「Made in China」の高速鉄道網。
独自の技術で特許とのこと、PRマンガまで酷似のコピー。
だけど都合のよいところだけ寄せ集めのモザイク鉄道は、オリジナルの性能を使いこなせていない。
まったく、今回の事件はあの国の縮図の様だ。

全てそうだが、品質管理や安全衛生を二の次にしている。
脱線して落ちた川の高架の柱には、コンクリートに赤さびが流れていた。
鉄筋が表面に露出しているから、早くも中が錆びているんだ。

Fail Safeという考えが無いのか?
全ての事がそうだが、「原因」があるから「結果」がある!
「原因」を究明していないなら、当然「改善」はされなく、
また、何かをきっかけに「再発」するのは必然だ。

さらに酷い事故が起こらないと良いが・・・

SN3M0067.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック